【稼げます】動画編集って主婦でもできるの?徹底解説してみました。

未分類

動画編集って仕事にできるのかな?どうやって始めればいいの?本当に稼ぐことはできるの?

今回の記事はこんな疑問を持っている方向けの記事となります!

動画広告の市場規模
出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施

現在、5Gが本格的に普及し始め、動画というコンテンツがより身近になってきています。そのことから動画編集者の需要というものも右肩上がりに増加しています。
特に動画広告の市場というものも右肩上がりで2020年には2900億円だったものが、2024年には5000億円まで到達すると言われています。

そんな世の中で動画編集を副業や仕事にして始めようと思っている方が増えています。
主婦の方でも在宅で時間に縛られず仕事ができるので、今後どんどんそういった方が増えていくのではないかと予測されます。

しかし、そんな方の多くはどうやって動画編集を始めたらいいの?本当に稼げるの?と疑問に思われると思います。

実際のところをお話しすると、動画編集はきちんと稼げます。

この記事では実際に1日1~2時間程度で私が稼いだ額も公開していますので、ぜひご覧ください。

それでは、どうすれば動画編集で仕事をすることができるのかということをご紹介していきます。

動画編集を学ぶ

まず、動画編集を仕事にするには、動画編集のやり方を学ぶ必要があります。
基本的に動画編集の学習の方法には2種類あります。

  • 独学
  • スクール

まず独学について解説します。

動画編集を独学で学ぶ場合は、書籍やWebページ、YouTubeで学習することになります。
近年、動画編集の需要増加により、YouTubeで質の良い動画編集のやり方を学ぶ動画が増えてきています。

【超初心者向け】Premiere ProでYouTube動画の編集公開【元動画も無料配布】

それらでお金をかけずに仕事をするレベルまでの技術になることは可能です。
実際、登録者数が数十万人、百万人を超えるレベルのYouTuberの方でも動画編集を独学(スクール等で教えてもらっていない)方は多くいらっしゃいます。

しかし、独学で勉強しようと思うとかなり時間がかかります。

スクール等では体系的に1ヶ月で動画編集から仕事を取るまでを学ぶという様に組み立てられています。一方、Webページなどでは読者の疑問に対して一つのページで解決するというものなので、自分で自分に足りないのは何だろうと考えて検索して技術を学んでといった様になってしまいます。

そのため、独学の場合はお金がかからないというメリットはありますが、時間がかかるというデメリットもあります。

次にスクールについて解説します。

スクールで学ぶ場合は、そのスクールが未経験の方でもきっちりと始められるようにカリキュラムを組んでくれていますので、最短1ヶ月で学習が終わる場合などが多いです。

様々なスクールがありますが、私はオンラインでの動画編集スクールをおすすめしています。
なぜなら、オンラインでの動画編集スクールの場合は学習する方法は動画や、記事になります。一方、対面での動画編集スクールの場合は実際にそのスクールがある場所に足を運んで講師に教えてもらうという方法になります。

家事などで忙しい主婦の方には、好きな時間に合間を縫って動画を見たり記事を見たりして学習することができるオンライン動画編集スクールの方が効率的でより早く仕事を獲得することができます。

しかし、実際に会わずに動画や記事だけで教えてもらうのは不安ではないでしょうか?
私がおすすめしている動画編集スクールのクリエイターズジャパンでは、実際に会うことはできませんが、講師の方にLINEで無制限に質問することが可能です。

しかも、講師の方は女性の「佐原まい」さんという方が行っています。
他にも有名なMovieHacksという動画編集スクールがありますが、こちらは「生ハム帝国」さんという男性の方が講師をされています。他にも多く動画編集スクールはありますが、なかなか女性がやられているスクールはありませんので、クリエイターズジャパンをおすすめしています。
さらにクリエイターズジャパンでは動画編集を学びきった方には案件の紹介や案件獲得のサポートまでしています。
これは他のスクールにはない特徴です。実際に案件を紹介していただけるので、本当に稼ぐことができるのかな?といった不安も無くなりますね。

クリエイターズジャパンについてはこの記事で解説していますので、詳しく知りたい方はご覧ください。

参考:クリエイターズジャパンのメリット・デメリットを徹底調査してみた!

目的別おすすめ動画編集学習方法

次にどういう場合の人は独学でも大丈夫なのか?私は動画編集スクールで勉強した方がいいのかな?といった疑問に答えます。

まず動画編集が全くの未経験、もしくはスマホの動画編集ソフトくらいは使えるけど、パソコンでの動画編集はわからない、こういった人は動画編集スクールをおすすめします。

なぜなら、未経験の人などはまず何から勉強したらいいのか、そもそもこのソフトどうやって使うの?といったところから学習しなくてはなりません。
そういったことも確かに独学で学ぶことは可能ですが、そこから始めるとなると仕事を取るまでに本当に多くの時間がかかってしまいます。


私自身も独学で学び、現在動画編集の仕事をしていますが、私は大学の時に趣味で4年間部活やボランティア活動などの紹介動画を作っていました。その4年間色々動画を作っていたことプラス独学でさらに学び仕事を獲得することができました。

これは1例に過ぎませんので、実際に「稼ぐ」ということを目標に学習すればもっと早く学習できるとは思いますが、それでも多くの時間がかかることは間違いありません。

ですので、未経験、またはほぼ未経験程度の人は動画編集スクールで体系的に学習することをおすすめします。

逆に、私のように多少の経験はある、一通りの操作はわかるなどの人はわざわざスクールに通う必要はないと思います。

私自身がそうだったようにある程度の知識をプラスしてつければ十分に仕事をするレベルまで独学で持っていくことは可能ですので、そういった方は書籍やYouTubeなどで勉強することをおすすめします。

動画編集で本当に稼げるの?

それではここからは本当に動画編集で稼げるの?ということをご紹介していきます。

まずはどうやって動画編集で仕事を獲得するかについて簡単にご紹介します。 動画編集で仕事を稼ぐには

  • クラウドソーシングで獲得
  • SNSで募集されているものに応募

の二つだと思います。

まずはクラウドソーシングについて説明します。

クラウドソーシングとは、クラウドワークスを代表とするオンライン上で業務を発注できるサービスのことです。

クラウドワークス案件募集

このように動画編集だけでもたくさんの案件が常時募集されていますのでこの中から仕事を選び応募していく形になります。

次にSNSについてです。

近年、いろんなYouTuberの方が増えており、その編集を誰かにやってほしいという人が多くいます。そういった方がSNSで動画編集者を募集していますので、そこに応募するという形になります。

ではそれらで本当に仕事を獲得できるの?稼げるの?ということをお話ししていきます。

まずは私自身の体験からです。

これは私が実際に初めてクラウドワークスで仕事を獲得し、振り込まれた時の画像になります。

実際に私が稼いだ額

これでは1動画作成ごとに2000円の報酬で10本ごとに納品し、振り込まれるという形になっていました。現在はクラウドワークスを通すと手数料が取られますので直接、契約書を交わしての契約となっています。

1動画の作成にかかる時間は大体1時間、長くて1時間半でしたので、家で作業するだけで時給1500円の仕事となっていました。

主婦の空いた時間で1時間作業して2000円になるのであればかなり家計的にもありがたいと思います。

次に先ほど紹介した動画編集スクールのクリエイターズジャパンが例としてあげている収入例をご紹介いたします。

動画編集収入例:はじめたて
動画編集収入例:慣れた頃
動画編集収入例:本業
出典:クリエイターズジャパン

このような収入例となっています。

はじめたての方でも週5で2時間の作業を取り組めば6万円の収入になると書かれていますね。

私の実例や、クリエイターズジャパンの例で実際に稼げるということはわかっていただけたでしょうか?

未経験の方でもそんなに難しいことではなく、真面目に取り組めば確実に稼ぐことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回の記事で主婦の方でも動画編集を始める方法、そして本当に稼げるのか?ということをご紹介させていただきました。

今回おすすめした動画編集スクールのクリエイターズジャパンは価格が79,800円です。
決して安くはない値段ですよね。しかし私の実例のところでもご紹介させていただいたように、私は初めたての月で月10万円稼ぐことができました。

ですので、79,800円だとしてもそれの元を取ることは1ヶ月、遅くとも2ヶ月で可能だと思います。一度元を取ってしまえばあとはプラスにしかなりません。

家事に追われ忙しい毎日でも一日2時間程度の仕事を外に出ず、家出するだけで月10万円程度は十分に稼げます。
そのため主婦の方にはパートやバイトをするよりも効率も良くとてもおすすめです。

今後、コロナウイルスにより世の中の動きが変わっていく中で動画編集者というのはどんどん増えていくと思います。

だからこそ、今、学習しおけば後から参入してくる人にアドンバンテージを取って仕事をすることができますので、もしもやろうかな?と考えている方は早めの行動をすることをおすすめします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました